映像制作が変化する時代

映画業界はすでに、映像制作の媒体にフィルムを使うことを止めました。


これはフィルム生産をしていた会社が次々に清算を止めてしまったからです。

私たちの生きている時代にこんな時代が来るとは思いませんでした。

さらに身近になったOKWaveについての総合情報ポータルサイトです。

また、撮影する機材も大きく変わりました。
すでに時代はハンディカメラを使った撮影だけでなく、デジタル一眼レフを使う時代になりました。

ある韓国の映画は映像が、一眼レフで撮影されていますが、その映像に違和感はありません。
また別のある監督は、スマートフォンで自分の日常を撮影し、編集して、『これは映画ではない』というタイトルの作品にしてカンヌ映画祭に出品しました。

オリジナリティに富むiPhone7の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

私たちの身近な場所には、すでに高性能の映像制作を行える機器があるのです。

複雑な操作も必要なく、画面を軽くタッチするだけで美しい動画が撮影できる機械が。

これほどまでに映像制作が身近にある時代を、おそらく数年前は誰も想像しなかったでしょう。


ところで、映像制作ができる機器がある、ということと、映像制作ができる、ということは当然ながら別のことです。何を撮るか、どんな構図で撮るか、どんな雰囲気で撮るか、それらの要素なくしては映像制作はありえません。

坂本龍馬についてのドラマでは登場人物の衣装や姿、舞台装置などは、絢爛豪華とは程遠いものでしたが、その構図、ライティング、カメラワークの力強さが、ぐいぐいと私たちをひきつけました。


翌年のドラマが絢爛豪華で端正な画面構成だったことと比べると、あまりにも違う、泥臭いともいえる画面でありながら、登場人物は生き生きと映し出されました。



美しいものを美しいように見せるだけではなく、泥臭いものすら強烈に魂をゆるがすことができる、それが映像制作の最大の魅力だと思われます。

そして、次に世界を驚かす映像を作るのは、あなた自身が世界を見つめるまなざしと、その手の中の小さなカメラかもしれません。